大切な猫さんが快適にお留守番するために

ご飯とお水

留守の時は、衛生面から考えてドライフードがオススメです。器はひっくり返さないようにしっかりとしたものを選び、直射日光の当たらない場所に置きましょう。お水は、必ず部屋の数か所に設置し、出来れば毎日交換して新鮮なお水をいつでも飲めるようにしましょう。

室温

猫さんが快適に感じる室温は、夏で28度、冬は20度と言われています。エアコンなどを使い、留守中の室温を快適に保ちましょう。エアコンの風を嫌う猫さんの場合は、風が当たらない場所を設置するか、他の部屋に自由に移動できるようにすると良いでしょう。

また、冬場は空気がとても乾燥するので、湿度が50%くらいになるように、加湿器を使うなどの工夫をしましょう。

 

トイレ

猫さんは、とってもきれい好きな動物です。汚れていると排せつを我慢したり、粗相してしまうこともあります。快適にお留守番するために、猫さんの数プラス1個のトイレを設置すると良いでしょう。

室内環境のチェック

留守中の事故を防ぐために、出かける前に室内環境のチェックをしましょう。

◆ 刃物など危険な物は片づける。

◆ 高い所に物を置かないようにする。

◆ 洗濯機のフタは閉める。

◆ お風呂の水は抜く。

◆ 壊されて困る物は片づける。

◆ 窓(網戸)や扉の戸締りを確認する。

◆ 爪を切る。

◆ 部屋の掃除する。

留守中は掃除ができないので、念入りに掃除をしましょう。猫さんも、人と同じようにほこりや抜け毛、ハウスダストなどでアレルギーを発症する場合があります。

◆ 誤飲、誤食する危険がある物は片づける。

普段は誤飲、誤食しない猫さんでも、留守中のストレスで口にしてしまうことがあります。また、観葉植物も、猫さんには毒性の強いものがあるので確認すると良いでしょう。